ミルクセラミドMC-5

ミルクセラミドMC-5について

皮膚について

わずか0.02mmの角質層が、バリア機能と保水機能を担っています。

わずか0.02mmの角質層が、バリア機能と保水機能を担っています。皮膚は脳や肝臓よりも重い最大の臓器で、生命維持に欠かせない役割を担っています。

皮膚は、外的な刺激から体内を守る「バリア機能」のほか、生命を維持するための様々な役割を担っていることから、「臓器」であるといえます。大人の皮膚の面積は身体全体で畳一枚分、重さは皮膚だけで約3kg近くになります。脳(約1.4kg)や肝臓(約1.5kg)より重く、身体の中で最も大きな臓器ということができます。

皮膚は「表皮」とその下の「真皮」からなり、皮下組織がこれを支えています。表皮の厚さは0.06mm~0.2mmで角質層、淡明(たんめい)層、顆粒(かりゅう)層、有棘(ゆうきょく)層、基底(きてい)層という5つの層に分かれています。

皮膚の構造図 表皮の下にある真皮の厚さは約2mm。コラーゲンなどの繊維状タンパク質で構成され、肌の弾力や張りを保っています。真皮内には血管、汗の分泌腺、神経終末、毛包があります。これらは生命維持に重要な役割を担うとともに、痛み・温度・痒みなどを感じて脳に伝達する役割も果たしています。

皮膚の中では常に新しい細胞が誕生。健康なお肌は内側から作られます。

健康な皮膚では、薄い表皮のなかで新陳代謝が繰り返されています。最深部にある基底層では絶えず細胞分裂が起き、新しい細胞が誕生しています。その細胞は形を平たくしながら表層へ向けて移動し、最終的に平らな角質細胞となって角質層を形成します。角質細胞はやがては垢となって剥がれ落ちていきます。
角質層の厚さは約0.02mm。食品包装用ラップ1枚の薄さでありながら身体の「外」と「内」を隔て、お肌の水分を保つ他、外部からの異物が体内に侵入するのを防いでいるのです。このように、皮膚は臓器として絶え間なく活動しています。以上のことから、皮膚の健康のことを考えることが大切なのです。

表皮の拡大図

開発者:春田

ミルクセラミドMC-5 開発者紹介

私、ミルクセラミドMC-5開発担当の春田と申します。
雪印メグミルク株式会社では10年以上、このミルクセラミドMC-5の開発と研究に取り組んでいます。
私たちが自信をもってご紹介させていただくミルクセラミドMC-5にまつわるお話をお伝えします。

このページのトップへ