ミルクセラミドMC-5 Q&A

ミルクセラミドに関するよくあるご質問にお答えします。

Q1) 「セラミド」 と「スフィンゴミエリン」はどう違うの?

お肌の一番外側(角質層)に存在するのがセラミドです。スフィンゴミエリンはセラミドの前駆体であり、表皮に存在するスフィンゴミエリンは酵素の働きかけで化学構造が変化し、セラミドとなって角質層へ移行しお肌の保湿性を保ちます。ミルクにはセラミドの前駆体であるスフィンゴミエリンが多く含まれております。

このページのトップへ

Q2) 「植物由来のセラミド」と「ミルク由来のセラミド」は何が違うの?

ミルクセラミドはミルク(牛乳)を原料に作られる動物由来のセラミドです。一方、植物由来のセラミドは米、小麦、こんにゃく、コーンなどがその原料になります。ミルク由来セラミドの正式な物質名は、「スフィンゴミエリン」もしくは「セラミド-1-ホスホコリン」で、セラミドにホスホコリンという物質が結合しています。植物由来のセラミドの正式な物質名は、「グルコシルセラミド」。セラミドにグルコースという物質が結合しています。最近の研究では、ミルク由来のセラミドは植物由来のセラミドよりも吸収性が良いことが報告されています。

このページのトップへ

Q3)  「セラミド化粧品」のようにお肌につけるセラミドとミルクセラミドの違いは?

一般に、化粧品のクリームなどに配合されているセラミドは、 天然のセラミドと類似した構造を有する物質を化学的に合成したものが多いようです。これに対して、ミルクセラミドは、ミルクから作った素材です。

このページのトップへ

Q4)  コラーゲンとセラミドの違いは?

コラーゲンは「タンパク質」、セラミドは「脂質」です。コラーゲンは真皮の弾力性を維持します。セラミドは水とも仲が良く、角質層の保湿性を維持します。コラーゲンとセラミドの両方の力で健康で美しいお肌を保つことができます。

このページのトップへ

Q5)  年を取ると肌のセラミドが減るのは本当ですか?

個人差はありますが、一般的に40歳を過ぎると、角質層に存在するセラミド量は20歳時の量の約半分に減少することが報告されています。このため、肌の健康を保つためには、角質層のセラミド量を保つことが大切なのです。

このページのトップへ